ジュラシックワールド2の監督『フアン・アントニオ・バヨナ』って何者?

いよいよ7月13日に公開される『ジュラシックワールド/炎の王国』。

前作であるジュラシックワールド(2015)からは3年ぶりとなる作品で”ジュラシック”シリーズとしては5本目となります。

これまでのジュラシックシリーズ

・ジュラシックパーク(1993年公開)

・ロスト・ワールド(1997年公開)

・ジュラシック・パーク3(2001年公開)

・ジュラシック・ワールド(2015年公開)

そして今回の『ジュラシック・ワールド/炎の王国(2018年公開)』ですね。

※アマゾンビデオでは

でレンタル視聴できます。

ジュラシック・ワールド/炎の王国の監督

今回のジュラシック・ワールド/炎の王国の前作「ジュラシック・ワールド」は世界歴代興行収入の第4位になるほどのヒット作となり、監督コリン・トレヴォロウ監督は一時的(現在はJ.J.エイブラムス監督)にスターウォーズ・エピソード9の監督にも抜擢されました。

そして今回の続編「炎の王国では」コリン・トレヴォロウ監督ではなく『フアン・アントニオ・バヨナ』監督です。

ファン・アントニオ・バヨナ監督のこれまでの作品

『永遠のこどもたち(2007年)』

この作品でバヨナはゴヤ賞の「新人監督賞」を受賞しました。

『インポッシブル(2012年)』

この作品ではスペイン映画国民賞を受賞。

『怪物はささやく(2016年)』

ゴヤ賞では作品賞、監督賞を含む最多9部門の受賞。

42歳という若さですが、長編映画デビュー早々数々の賞を受賞している期待の監督。これまでの作品を観る限り、“内面的な恐怖”の描き方がとても上手な監督という印象があります。

今回の『ジュラシックワールド/炎の王国』はファン・アントニオ・バヨナ監督によってどう描かれるのか?

予告見る限りだと・・・期待してしまう。

日本公開日は7月13日(金)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください